おとり広告に注意をして賃貸探し

おとり広告に注意をして賃貸探し


おとり広告に注意をして賃貸探し
貴方は今現在賃貸を利用していますか?また住んでいる賃貸物件に満足をしているでしょうか?
せっかく分譲ではなく賃貸を利用するなら、妥協しないで自分の理想とする賃貸物件を選ぶようにしましょう。 実際に賃貸物件を探している人が、不動産屋まで来てもらわなければ不動産ビジネスは成り立ちません。
インターネットでどんなに訪問者があったとしても店頭に来てもらえないと不動産会社は意味が無いのです。

もし不動産屋へ行くのでしたら、その前に不動産雑誌などに掲載されている物件が本当にあるのかを確認してからにしましょう。
そのようにすることでおとり広告に惑わされることなく物件選びをすることが出来ます。
すでに入居者が決まってしまっている賃貸物件をおとり広告として雑誌に掲載をし、客を呼び込んでいる現実があります。
おとり広告を確認して実際に店に行ってみると「すでにその物件は契約されました」などと言ってくることがあるのです。




おとり広告に注意をして賃貸探しブログ:21 7 2018

書道教室のある日、
先生から事情があって来られないと連絡がありました。

そして、
ぼくが先生の代わりを務めることになってしまいました。

以前から先生には
「ぼくが来られない時には、代わりに教えて欲しい」と
言われていたんです。

今年の年賀状にも
「期待しています」と書かれていました。

そしてついにその日が来てしまったのです。

その日は課題の締切になっていて、
課題を仕上げないといけませんでした。

ぼくにそんなことができるだろうか…と思いました。
でも、思い悩んでいても仕方がありません。

娘達がこれまで練習してきた成果を充分に発揮できるよう、
できることをただ精一杯やるだけです。

課題は、その月毎に決まっていて、
ひと月くらい時間をかけて仕上げていきます。

でも、部活動や事情があって、
そんなに時間をかけられない娘もいます。

その日、部活動で教室を休んでいた子達が来ました。
その娘達は、その日一日で課題を仕上げないといけません。

「この娘達の今月の成績が悪かったらどうしよう」
一瞬そう思いました。
でも、次々に娘達はやってきます。

無我夢中で娘達と一緒に課題に取り組んでいるうちに、
いつの間にか不安なんてどこかに行ってしまいました。

娘達と接しているうちに、
娘達なりにぼくに気を使ってくれてるんだなぁと
感じられることがありました。

ぼくが準備をしていたら、
早く来た娘が手伝ってくれました。

自分から「もう嫌だ」とか「もう駄目だ」と
あきらめてしまう娘もいません。

片付けも最後になった娘が手伝ってくれました。

娘達に助けられた一日でした。
おとり広告に注意をして賃貸探し

おとり広告に注意をして賃貸探し

★メニュー

不動産屋のキャンペーンに注目
大手不動産屋が良いとは限らない
おとり広告に注意をして賃貸探し
インターネットで賃貸の情報収集
部屋探しを始めるタイミング
賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
予め賃貸の条件を決めておきましょう
年間を通じて家賃が同じとは限らない
敷金と礼金について知っておこう
情報誌の罠に注意しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)憧れていた賃貸物件で一人暮らし